篳篥

篳篥、蘆舌とお茶

篳篥とお茶の関係

篳篥を演奏するには、まず蘆舌(ろぜつ)と呼ばれるリードをお茶などの熱い液体につけて、よいかげんに開かせるという手順が必要です。

ひらいた舌ひらいた蘆舌

お茶に浸すことによって、その性質が強いものになっていくというのが定説ですが、私は眉唾だと思っていて、蘆舌は、

ふやかして開いて、また乾燥して~・・

の繰り返しで繊維が浮いて、それで強くなるものだと思っております。

お茶は、奈良・平安時代に、遣唐使や留学僧によってもたらされた

平安初期(815年)の『日本後記』には、「嵯峨天皇に大僧都(だいそうず)永忠が近江の梵釈寺において茶を煎じて奉った」と記述されています。これが、わが国における日本茶の喫茶に関する最初の記述といわれています。お茶は非常に貴重で、僧侶や貴族階級などの限られた人々だけが口にするものだったようです。

そもそも、お茶はきれいな水を飲めない国々がいかにごまかして飲むかというものであり、日本ではあまり必要でない為、舶来した当初は贅沢な嗜好品であり、それに含まれるカフェインの覚醒作用があることから、修行僧がもちいたものであったようです。

熱いお茶はアブナイ・・?

新しい蘆舌を開かせるときはあまり開かないようにぬるめのお茶を、古い蘆舌は開きにくいので、熱いお茶で・・っていうのがセオリーなんですが、飲み物としていただくときに、熱いお茶は要注意・・??

こんな研究があったようです・・


ま、あまり気にしないのがイチバン・・かな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です