篳篥(ひちりき)について

スポンサーリンク

篳篥について

ズバリ、コレが「篳篥」という楽器です。「ちりき」と読みます。「しちりき」ではありません。
雅楽では主旋律を担当し、歌うように演奏します。

表に7孔・裏に2孔の穴があり、見たカンジとってもシンプルな楽器です
篳篥は単体では音が鳴りません。「蘆舌」と呼ばれるリードを差し込んでそこから息を吹き込みます。
篳篥吹きにとってはこの蘆舌の作成・調整が悩みのタネなのですが、それは蘆舌のページにて解説します。

演奏法 ①塩梅について

篳篥の演奏でもっとも特徴的なのは、「塩梅」(えんばい)と呼ばれる演奏法ではないでしょうか?同じ指使いで連続的に音程・音色を変化させることをいいます。

とても文章では表現できませんが、洋楽で言うポルタメント (portamento)的な演奏法です。
頑張れば最大2つ下の指使いの音まで下げれます。大体1つ下の指穴の音まで下げて使うのが一般的です。
音を下げることを「める」とか「めらし」とか言います。
使用例:「そこの六をめらして~」という風に使います。

演奏法 ②音域・音階について

篳篥の音域は一番下が「舌」のめらし音(和音名・勝絶/洋音名F)から上は「丁」音(和音名・黄鐘/洋音名G)までの大体1オクターブとチョッと・・という所です。

これは普通の男性が声に出せる音域であり、歌うように演奏するといわれる所以である。
篳篥は前述の「めらし」奏法によってこの範囲内であれば半音であろうが四分の一音であろうが自由に演奏できす。(たぶん・・^^;)

現在の雅楽の音の基音はA=430Hzと、現在の洋楽の基準音A=440Hzより低く設定されています。

指 穴 図 篳篥孔音名 和音名 洋音名

(てい)
※1

黄鐘(おうしき)

A

(ラ)

(じょう) 双調(そうじょう)

G

(ソ)

(いつ)
(いち)
下無(しもむ)

勝絶(しょうぜつ)

F#
(ファ#)F
(ファ)
(し) 平調(ひょうじょう)

E

(ミ)

(りく) 壹越(いちこつ)

D

(レ)

(はん) 神仙(しんせん)

C

(ド)

(こう) 盤渉(ばんしき)

B・H

(シ)

(ご) 黄鐘(おうしき)

A

(ラ)

(ぜつ) 双調(そうじょう)

G

(ソ)

※1  丁音には表3番目のみ押さえる/裏の上は押さえない等各種の押さえ方があります。
※2 下無(しもむ)・勝絶(しょうぜつ)は同じ指使い